2012年11月22日

富士山と八ヶ岳

image/2012-11-19T00:22:34-2.jpg

お待たせいたしました。
なかなかタイミングが取れず、またパソコンも無いため、
どうもアップすることが難しいです。
すいません。

でも頭のなかでは、いけないいけない!と
思っているんですよ。

富士山がちょうど見えました。
こんなところからも見えるんだな?
というところです。
しかもかなり裾のほうまで。
何だかほっとするひとときでした。

ということは八ヶ岳も見えるかな?
image/2012-11-19T00:22:34-1.jpg

見えたね。
これが小淵沢です。

毎日家に帰ると、星空が綺麗です。
毎日のように流れ星を見ることができます。
流星群もあると思いますが、真上から降ってくるようなのは初めてでした。
きっと良いことが起こるかな?

posted by まるさん at 22:46| Comment(3) | 管理人日記

2012年11月19日

トロッコ列車

image/2012-11-19T00:22:34-5.jpg
本日送迎で小淵沢駅に行きますと
丸政のスタッフが無料でキノコ汁を配っていました。

甲府から小淵沢間をトロッコ列車が走っていました。
イベント列車です。

切符を購入すると駅弁もついてきます。
その駅弁は丸政が作成しました。
異動前に思案中でした。
image/2012-11-19T00:22:34-4.jpg

待合室では子供さんが駅長さんのユニホームを着て写真撮影をしていました。
皆良いかおです。

モモッチも登場です。
image/2012-11-19T00:22:34-3.jpg

子供も大人も大喜びです。

迎えのお客様も無料のキノコ汁とトロッコ列車を一目見たいとのことで
少し時間をあけて駅周辺を楽しんで頂きました。

来ていただいたお客様も楽しんで頂きました。

小淵沢駅周辺で楽しんでいただけたことは嬉しいことです。
モモッチも喜んでいましたよ。

posted by まるさん at 00:37| Comment(4) | 管理人日記

2012年11月16日

丸政オープン

image/2012-11-15T14:27:59-1.jpg

先日、丸政とマルマサホテルシステムの合同ゴルフコンペがありました。
ちょうど一年前に同じ笛吹市のゴルフ場で合同コンペをして、
ブログに載せました。
はやいなー もう一年経っちゃったようです。

ここのゴルフ場は景色が綺麗です。
私なんてそんなに上手出はないので
風景がまず第一です。
image/2012-11-15T14:27:59-2.jpg

かなり高い所から地上を見下ろしながらラウンドです。
ですが、ゴルフより紅葉かな?

良い感じの紅葉ウォーキングでした。
社内での親睦にもなり、お取引業者さんとも親しくなり、天候にも恵まれて
良い日になりました。
posted by まるさん at 16:39| Comment(2) | 管理人日記

2012年11月13日

出勤ルート

image/2012-11-13T15:02:30-1.jpg

あまり外には出なくなったので、大したことをお見せできませんが、
ここスパティオ小淵沢の周りをご紹介いたします。

出勤ルートです。
小淵沢駅より山側に上っていくと直ぐにこんな風景が現れます。

これでは鹿もキツネも出てくるわな。
でも民家やホテルなど直ぐ近くにあるんですよ。

さすがに熊は出てきません。
もっと山の方なんでは内かと思います。

赤松が多くあるので、松の葉というんでしょうか?
針みたいなのが、紅葉し、黄色がかったものが道に積もっています。
道路もこのきいろの葉に敷き詰められて黄金の道になります。
因みに朝しか見れません。

車が通りいつしか両サイドに自然と集められてしまうからです。
image/2012-11-13T15:02:30-2.jpg

もみじも紅に染まり郷愁を感じます。

送迎をして、小淵沢駅までよくお客様を送ったりしますが、
皆さん過去に何回か来ている方が多いみたいです。
また、来たくなるのでしょうか?

ご宿泊で来ていた少しご年配の団体様が、
昨日は山水楼の中華を召し上がっていただ来ました。

本日チェックアウトの祭に、「昨日の中華料理は美味しかった。来年まで生きていたら、また来るよ」
なんてシュールな事をいってくれました。
昨日は私が中華に入っていたので嬉しく思います。

こんなことをいってもらえるように頑張っていかなくてはと思いました。
青空も綺麗ですが、そのぶん夜の星も凄く綺麗です。
今は格別良い八ヶ岳です。

posted by まるさん at 15:26| Comment(3) | 管理人日記

香取神宮 要石

image/2012-11-03T10:15:51-1.jpg
今回は、ちょっと面白い内容です。
と言っても皆さんにはどうかな?

千葉県香取市にある、香取神宮です。
image/2012-11-03T10:15:51-2.jpg
日本全国の香取神宮400社ある総本社です。

パワースポットととしても有名です。

神話の世界で、出雲の国譲りってご存じでしょうか?
香取神宮の祭神は御祭神経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と言い、
この神話に出てきます。
国譲りを説明すると大国主命まで説明しなくてはいけないので省きます。
ながーくなっちゃうから。

天照大神が日本の国を治めようとしましたが、あらぶる神々が争って国が乱れていました。
そこで八百万の神に相談すると天穂日命が良いんじゃないか?
ってことで遣わされました。
ところが大国主命に従ってしまいました。
因みに私は大国主命が結構好きです。
神話での存在がかなりドラマチックです。

次に天稚彦ならやれるんじゃない?と八百万の神がいうので、彼に頼みました。
ところが彼も裏切り、むしろ国を乗っ取ろうとしました。

二度も失敗して、八百万の神も三度目の正直ってことでかなり慎重に選びました。
経津主命なら大丈夫じゃない?
そしたら、タケミカヅチノオオカミ(鹿島神宮の祭神)もがでは私も!
っと申し出ました。彼は神様の中でもかなり強いことで有名です。

そこで二神で出雲の国へ向かいます。
稲佐の小汀について十握剣を逆さに突き立ててどーだ〜とやったら
大国主命はわかったよとすんなり国を譲りました。

結局かなりのかいつまみで国譲りを説明してしまいました。
でも本当はと言いますか大国主命サイドからの話ではちょっとニュアンスが違うんですけどね。
まいいか、長くなるから。
image/2012-11-03T10:15:51-3.jpg

今出てきた香取神宮の経津主命の場所とタケミカヅチノオオカミの神社の鹿島神宮の地下に
大ナマズがいてそいつが地震を起こし困っていました。
そいつをどうにかしようということで、大ナマズの頭を石で押さえました。
それがこれです。
image/2012-11-03T10:47:44-1.jpg

え!これかい?
こんなちっちゃいの?

とお思いでしょうが、これは氷山の一角ってやつらしいです。
ここがとてつもないパワースポットだとか。
ほー ここがね。

名前もあるんですよ。要石。

どうです?面白い話でしょう。
私はかなり気に入りました。
この石で地震がおさまったんだって。
しかも国譲りで頑張った二神の神社の間ってことがまたいいと思ったんだけどね。

長くなりましたけど読んでくれてありがとうございます。

posted by まるさん at 00:27| Comment(2) | 管理人日記

2012年11月11日

スパティオ小淵沢

image/2012-11-11T21:02:57-1.jpg

いったいどこに異動になったのか?
場所のことですけどね。

こんな感じです。
横に延命の湯という温泉施設がありまして、
反対となりは、体験工房と道の駅です。
施設的には良いところです。

因みに裏手はこんな林です。
image/2012-11-11T21:02:57-2.jpg


なかなか良い雰囲気でしょう。

ホテル内にもあかまつの湯という内風呂が有ります。
源泉なためかなり濃い感じですよ。
機会があったらご紹介いたします。

昨日は帰り道、鹿とのとのにらみ合いです。
お互い一歩も譲らず、でも私が勝ちました。

諦めておしりを向けましたよ。
でも鹿が走っていった先には、夜の暗闇を女性一人が歩いていて、
鹿が向かってきたもんだから、悲鳴を上げていました。
悪いことしたなー。


まだまだ仕事も慣れていないので面白い文章がを書く余裕もありませんが、
もうしばらくこんな状態で頑張っていきますよ。

よろしくお願い致しますね。皆様!
posted by まるさん at 21:19| Comment(3) | 管理人日記

2012年11月09日

異動しました。

すいません。ここ最近ブログの更新出来なくて。

本日からマルマサホテルシステムの方へ異動になりました。
引き継ぎなどで、なかなか進めることができませんでした。

これから丸政のブログを続けることができるかまだ決定していません。
駅弁や駅そばなどから離れてしまうので
いまいち内容がついていけない気がします。

今後の流れはまだ決まっていませんが、出来る限り少しずつでも
続けていきたいと思います。

また、ホテルよりの内容に片寄ってしまうかもしれません。
申し訳ございませんが、今のところ御了承いただけると幸いです。

八ヶ岳の良さをご紹介していくことは基本的に変わりません。

本日の初日は、お客様の送迎や山水楼の中華で鍋をふるなど
やりました。

お客様とお会い出来るのは良いですよね。

これからも皆さんのよろしくお願い致します。
応援していただけるとありがたいです。
posted by まるさん at 23:46| Comment(4) | 管理人日記

2012年11月05日

昇仙峡ですよ

image/2012-11-04T23:11:29-2.jpg
昇仙峡ですよ。

ちょっと外れたところですけどね。
image/2012-11-04T23:11:29-1.jpg
それでも綺麗な感じで山や谷を見ることができます。
image/2012-11-04T23:11:29-3.jpg

昇仙峡は観光客で凄い人数です。
ロープウェイの前の道路なんて原宿の竹下通り見たいです。
多分今だけなんだろうと思いますが、
それでも今はこの賑わいで活気があります。
image/2012-11-04T23:13:52-1.jpg

こんなときには山梨県の郷土料理、ほうとう鍋で温まりながらお腹を満たすのもよいでしょう。
弁当配達は、やまのごはんが多いです。
紅葉のハイキングとマッチするからだと思います。
image/2012-11-04T23:13:52-2.jpg

あと少しで冬山になっちゃうのでしょう。
この一瞬の時期をもう少し楽しみたいと思います。
posted by まるさん at 23:13| Comment(4) | 管理人日記

2012年11月03日

丸政の稲荷寿司

image/2012-11-03T20:52:38-1.jpg

丸政のお稲荷さんです。

今日は茅野駅の下車の積み込みに朝行きました。
以前もありましたが、利口な旅です。
東京からあずさに乗って茅野駅で下車してそこからバスの旅。

きっと紅葉を見にきたのでしょう。
河口湖方面の谷村方面に積み込みにいった方は、
都内を抜けるバスのため、相当遅かったらしいです。

完全なる渋滞に巻き込まれた様子。

私は無事納品をして本社に到着。
戻り次第、白州の体育館に納品。
こちらはバレーボールの試合でした。
紅葉の秋とスポーツの秋って感じ。

戻るとまだ製造が大変そう。
そのままフォローに入りました。

午後二時ななり、抜けさせてもらい、午後の積み込み。
昇仙峡へ行きました。
こちらも紅葉で大渋滞。

あれ、めしっくってないじゃん。
そこで余っていたお稲荷さんを持たしてくれました。
高速を走っていたにも関わらず。
食べたい!

そこで蓋を外して、そうだパシャリしよう。
高速運転中にバカだと思いながらも写真をとってしまった。
image/2012-11-03T20:52:38-2.jpg

腹減っちゃってね。
うちの稲荷は勿論手作り。
揚げも時間をかけて煮込みます。
煮汁は継ぎ足し。

甘味もあり、おいしいよ。
いけてない写真ですが、うまそうでしょ。
今週末は本職の仕事も出来ず、飛び回っています。
やっぱり紅葉かな?

今日は宇宙ステーションきぼうが夕方見れるということで
途中立ち止まり夕暮れの宇宙ステーションの流れ星を確認しました。
すごいねー。

空気もきれいで良い天気なので、星空も綺麗に見えます。
posted by まるさん at 21:18| Comment(5) | 管理人日記

2012年11月01日

伊能忠敬記念館

image/2012-10-30T23:20:24-1.jpg
尊敬する日本の歴史上の人物の一人、それが伊能忠敬さんです。

先日、千葉県の香取市にある佐原に行く機会がありました。
ちょうどお祭りが開催されていました。

小江戸という言葉が似合うポイントです。
image/2012-10-30T23:20:24-3.jpg

ね!

伊能忠敬さんの住んでいた家の近くに記念館があります。
彼は50歳を過ぎてから、日本全国を測量して歩き、日本初の実測による日本地図を作り上げた人物です。

1745年千葉の九十九里町で生まれました。
そしてこの土地に17歳で伊能家に婿に来ました。
妻は22歳の姉さん女房です。

伊能家は商家の名主です。
学問好きの彼は独学で天文暦学を勉強し続けて、49歳で隠居してそこから江戸へ本格的に勉強し始めました。

私が好きなのはまずここです。
多分当時の人では考えられない行動と行動力だと思います。

その後55歳から10回に分けて全国の測量を始めます。
歩いた距離は約3万5千キロ、約地球を一周しています。
ここがまたすごい。
その上日本地図はかなり今と変わらぬ正確さです。

73歳でで亡くなります。
20年もかけていません。

この記念館では彼が使用していた器具が展示されています。
ほとんどのものが国宝に指定されていました。
一見の価値があります。

本当にあんな道具で作れるんだと驚きます。
またあの精神力も凄いと思います。

彼が測量のさいに孫に当てた手紙など展示されていますが、
優しく彼の人柄が伺える一部もあります。

まだまだ先の50ですが、その50からもまだまだ行けるぜ!を
見せつけてくれる人物だと思います。

力が湧いて来る方だと思います。
image/2012-10-30T23:20:24-2.jpg



posted by まるさん at 00:01| Comment(4) | 管理人日記