2013年01月11日

諏訪大社春宮と万治の石仏

image/2013-01-11T15:55:56-1.jpg

前回は諏訪大社の秋宮へ行きました。
近くには春宮があるのでそちらの方へも足を運んでみました。
秋宮を中仙道の方へ上る感じで車なら5分かからず、歩くと20分くらいでしょうか?
入り口が少し工事しているようでした。

さらに社殿の方へ行きますと、
image/2013-01-11T15:55:56-2.jpg

似てます。
秋宮と似ている造りです。
全体的には秋宮の方が大きい感じがします。
参拝客も秋宮へ行くのでこちらの春宮は少し寂しい感じです。

ですが、ここの近くには有名な石仏があります。
春宮から歩いて4分で、この石碑が迎えてくれます。
image/2013-01-11T15:55:56-3.jpg

わかりますでしょうか?
岡本太郎さんの作成した碑です。
万治の石仏

image/2013-01-11T15:55:56-4.jpg

これです。
また伝説があります。

春宮に石の鳥居を作ろうとしてこの石にノミを入れたところ、
傷口から血が噴出した。
石工たちは恐れをなしてしまいました。
その夜、夢で茅野の上原に良い石があるからそこを
探してみてくれと告げられて探しに行くと難なく見つけることが
できました。
石工たちは阿弥陀仏を彫ったとのこと。それがこれです。
image/2013-01-11T15:55:56-5.jpg

お祈りの仕方もあります。
ぐるぐる周ったりします。
確かに岡本太郎さんが気に入る感じですね。

神仏融合の頃なので色々混在しています。

私もここでぐるぐる周りながらお参りさせていただきました。

今年は諏訪大社での初詣でした。
いい年になればいいんですけどね。
posted by まるさん at 16:22| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
この石仏が気になりました。
伝説が面白いですね。
Posted by のび太 at 2013年01月13日 15:28
結構大きいんですよ。
岡本太郎さんが気に入る感じがしますよね。
Posted by まるさん at 2013年01月15日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: