2012年11月27日

八ヶ岳と月

image/2012-11-27T01:21:06-1.jpg

またまた、八ヶ岳の風景です。
見てほしいのは、右にあるうっすらなお月さまです。

月って夜のかんじがするのにたまにでていることがあるじゃないですか?
あれって何だか不思議な感じがしません?

太陽と月が両方出ている空です。
あれ好きなんですよね。
image/2012-11-27T01:21:06-2.jpg

もう少し八ヶ岳の全貌とちょこんと月です。

多分もっと頻繁にこんな状況があるんでしょうが、日中は仕事で空を注意深く見てないので
気付かないのかと思います。

エジプトでも、マヤでもそして日本の陰陽師でも、太陽と月で
多くの自然現象から何まで占ったりしていたわけで
その頃は人類のほとんどが、注意深く見守っていたのかと思います。

実際は、どうなのか分かりませんが、確かに空にある太陽と月は不思議な感じがします。
いつの間にか、在るのが当たり前となっていて不思議さが消えているのが、
ふとしたときに「あーあるんだな」と思うことがあります。

当たり前のことに気づく瞬間です。
そんなとき、動物的本能と言いますか地球上で生きている人間ということを取り戻す瞬間です。
大袈裟なんですがね。
まだ幼稚園にも入っていない時期の2、3歳のころまだ何もよくわからないあの頃に
空を見上げて太陽と月をよく見ていました。
そんな頃のこと覚えているの?
とよく言われるんですが、覚えているんですよね。
で、太陽と月の存在を感じる時にあの頃の感覚がよみがえり
自然と調和していた純真な感覚が沸き上がります。

でもね、大人になるにつれてそんな感覚を無くしてしまっている感じがします。
おっさんになるにつれて、どこかで自然界に調和することを忘れないようにしたいなと
思うようになってきました。
まず気持ちが大切であるいはそれだけかもしれません。

ボケ〜っと浜辺で海を見て風を感じたり、森のなかで木々の揺れる音に耳を済ませてみたり、
小川のせせらぎを聞きながら水の冷たさを感じで見たりなど
自然との対話をすることで本来の野性的な人間本来の感覚を取り戻さなくてはなんて
思う衝動があるんですよね。

八ヶ岳と月はそんな感覚をふと思い出させてくれました。
何だかへんちくりんな内容になりましたが、日々忙しく働いていらっしゃる方には何となく分かって頂けるかもしれません。

posted by まるさん at 02:04| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
確かに昼間の月は不思議な
感覚ですね。
私もたまに空を眺めては
時を忘れ心を落ち着かせています。
あの空の向こうには何があるのでしょうね・・。
Posted by のび太 at 2012年11月27日 07:05
昼間の月と八ヶ岳は青空バックに綺麗で不思議な感じがします。少しでも忙しいなか自然との調和を忘れないようにしたいものです。
どうせ自然たっぷりの中にいるのですから特にそうしないと勿体ないです。
八ヶ岳の麓で自然との調和をするのはどうでしょうか?
Posted by まるさん at 2012年11月29日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: