2012年10月26日

醤油工場見学

image/2012-10-26T17:15:29-2.jpg

ヒゲタ醤油さんに先日見学に行きました。
信金さんの研修旅行でのことです。

千葉県銚子市にある有名ブランド醤油の一つです。
銚子にはもう一つヤマサ醤油さんの2代ブランドがあります。

両方共、左上にのマークが入っています。
これはお上に許された信頼の印だそうです。
よく見てください。きっとわかると思います。

なぜ千葉県の銚子に醤油工場が集まっているのでしょうか?
土地、つまり地理的な条件が2つはまった感じらしいです。
一つは気候です。黒潮と親潮がぶつかるこの場所は、年間を通して
温度差が少ないとのこと。それが醤油に大切な麹や酵母にいい影響を及ぼします。
そして二つ目は江戸までの運搬に適していたということ。
利根川や江戸川という川を利用して江戸へ運ぶことが出来たということです。

なるほどね。

image/2012-10-26T17:15:29-3.jpg

私たちはビデを上映を見せていただき、醤油の歴史を知りました。
創立は、元和2年(1616年)。
元和って何?

調べると江戸時代、大阪の陣の翌年です。
古いなー
しかも関東最古の醤油工場ですって。
摂津の国西宮の酒造家が、この土地を勧めたらしいです。

image/2012-10-26T17:15:29-4.jpg

工場自体も正直言って古そうですが、かなり味があります。
工場らしい感じですね。

大事に使っているんでしょう。
実際は日曜日だったので工場が稼働していなく
ビデオ上映と資料館のみでしたが、
醤油の歴史を学ぶことができました。

醤油は時代によってかなり変化しているらしいです。
はじめは大豆だけのたまり醤油みたいな濃いめな感じだったようですが、
小麦が入ったり、薄口ができたり、
現在は各料理の用途によって醤油が出来上がっていて
かなりの種類があります。
お土産でヒゲタ醤油さんの一押しの本膳をいただいてきました。
自宅に帰り、刺身を購入し、早速試してみました。
美味しかったです。

駅弁作りも醤油は大切です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 17:53| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
銚子の醤油工場の話が参考に
なりました。手元の地図で確認しました。
こちらは刺身醤油が見られます。
Posted by のび太 at 2012年10月26日 18:59
刺身醤油ですか?
気になりますね。

ヒゲタさんの本膳は国産の大豆と小麦のみの使用なんですって。
コマーシャルもやっています。
醤油についてもう少し勉強しようかと思っています。
Posted by まるさん at 2012年10月27日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: