2012年08月01日

大善寺

image/2012-07-31T15:56:47-3.JPG

勝沼と言えばワイン、ワインはぶどう。
そう、葡萄についてのお話です。

なのにいきなり県指定の山門の写真。

真言宗智山派のこのお寺、開創は養老二年(718年)つまり約1300年前に出来たお寺です。
このお寺、なんと国宝が2点、国指定の重要文化財が4点、聖武天皇、平清盛、源頼朝などそうそうたるメンバーがなんらかでかかわっています。

そしてなんで、葡萄?とこのお寺?

平安時代初期の大善寺本尊薬師如来像、日光・月光菩薩像は秘仏として厨子(国宝)、薬師堂(国宝)に安置されています。
その如来様がなんと、左手に葡萄を持っています。
平安時代の仏像さんがしかも薬師如来様がぶどうですよ。

勝沼はこのころより葡萄とかかわってきていたようです。
薬師様は簡単に言うと医学的な仏像様で、葡萄と健康との関係性を当時から肯定されていたそうです。
image/2012-07-31T15:56:47-2.JPG

山門のさらに上です。

image/2012-07-31T15:56:47-1.JPG

因みにこれが国宝の薬師堂でこの中にさらに国宝の厨子があり、その中に秘仏が入っています。
五年に一度だそうです。
ぜひ、見たいです。

秘仏以外も見ものです。
鎌倉時代作の十二神将も素晴らしい出来です。

これだけでも一見の価値ありです。

国道20号沿いにある大善寺です。
どうやら宿坊もあるようです。
宿泊の方は・・・とかいてありました。

葡萄を持った薬師如来様なんてかなり洒落ていますよね。
写真では見れます。

勝沼にお越しの際は、こんな由緒あるお寺に訪れてみてはいかがでしょうか?

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 16:16| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
葡萄を持った如来様ですか?
これは珍しいですね。
是非見たいものです。
葡萄は身体にいいのでしょう。

今日のお昼はうどんでした。(笑)
Posted by のび太 at 2012年08月01日 16:32
やはりうどんでしたか、
Posted by まるさん at 2012年08月02日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: