2012年07月19日

秩父神社

image/2012-07-19T09:34:28-4.jpgimage/2012-07-19T09:34:28-3.jpg
国道140を通り、秩父まで来ました。
私のご先祖様にあたる方のゆかりの地です。
関東武士団の源流、平 良文を祖とする桓武天皇系の秩父平氏一度行っておきたかった所です。


秩父神社
ここは八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)初代この地を預かった方の子孫の
知知夫彦の命が祀られています。

image/2012-07-19T09:34:28-2.jpg

社殿は天正20年(1592)徳川家康公が寄進したとされています。
image/2012-07-19T09:34:28-1.jpg

ご覧の通り装飾が綺麗でした。
何と左甚五郎さんの彫刻もありました。
image/2012-07-19T09:34:28-8.jpg

子育ての虎とつなぎの龍です。
大したもんです。

image/2012-07-19T09:34:28-6.jpg

image/2012-07-19T09:34:28-5.jpg

これは神社の真後ろにある北辰の梟、北辰は北極星を意味しています。
image/2012-07-19T09:34:28-7.jpg

面白いのは日光と対極に、お元気三猿ってのがありまして、
良く見て、良く聞いて、良く話すの猿が彫刻されています。

なんだか元気が出ます。

この神社パワースポットともされていますし、彫刻も素敵、
私にとってはなんとなくゆかりもある。
良い神社です。

秩父夜祭は国の重要無形民俗文化財に指定されていて、京都の祇園祭、飛騨高山の高山祭と合わせて日本三大曳山とされています。

山奥のような感じがしますが、歴史がある土地です。
また訪れたいと思える場所でした。


さて、次はさらに進み埼玉県の長瀞へ向かいます。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 15:45| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
これは立派な神社ですね。
写真を見ると元気が出そうです。
秩父夜祭があるのを初めて
知りました。
Posted by のび太 at 2012年07月19日 19:45
立派ですよね。
左甚五郎さんの彫刻が、
あんなにむき出しでいいんでしょうか?

日光の東照宮ではかなり有名ですが、
この神社にもあるなんてすごいじゃないですかね。
Posted by まるさん at 2012年07月21日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: