2012年06月28日

イロハモミジ

image/2012-06-24T13:23:08-2.jpg

北杜市武川の山の中をちょっと走ると、
大きな木があります。

宮脇のイロハモミジと看板がありました。
カエデ科(タカオカエデ、イロハモミジ)色々と名前があるようです。

カエデの葉が手のひら状に5から7枚に分かれ、「いろは・・・」
と数えられたから、イロハモミジと呼ばれていたようです。

きっと秋には真っ赤になるのだと思います。
image/2012-06-24T13:23:08-1.jpg

樹齢250年から300年と言われています。
かなりの年月がたっています。
根回りは3.16メートル。
これはでかい。

秋には綺麗な風景が見れるのでしょうか?
秋には見に行きます。

緑の葉も綺麗です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 14:07| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
名前が面白いですね。
秋の季節が楽しみでしょう。
Posted by のび太 at 2012年06月28日 18:31
秋になるのが楽しみになりました。
毎年、春の桜が楽しみだったように紅葉もいいですよね。
Posted by まるさん at 2012年06月29日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: