2012年05月03日

藤村記念館

image/2012-05-02T19:25:42-1.jpg甲府駅北口の藤村記念館です。みての通り古い洋館です。
明治8年1875年に現在の甲斐市に睦沢学校として建てられました学校の校舎です。昭和32年迄学校として使われて、その後四年間公民館として利用されていました。取り潰し寸前で保存会に救われました。そして、武田信玄の館跡にある武田神社に移設され資料として活躍していました。その頃国の重要文化財になりました。
その後平成20年に甲府駅北口の整備に伴い平成22年に駅前にやって来ました。現在は無料で入れる資料になっています。
甲府は山梨県の県庁所在地ですが、何故この名前が付いたかというと、
「甲斐府中」というもじが短縮されたものです。豆知識です。
何故藤村記念館かというと、明治に入り藤村紫朗さんが山梨県の県知事となり、山梨県に西洋文明開化をねざし、西洋の建築などかなり他県に比べ進めていたようです。藤村式建築などと呼ばれていたぐらいです。だから、太宰治さんがハイカラな町と言っただけはあります。
入ってみたくなりませんか?
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 11:45| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
藤村記念館が甲府にあるとは
初めて知りました。
中に入ってみたいですね。
Posted by のび太 at 2012年05月03日 17:11
明治、大正の模擬洋館ってレトロ感が良いですよね。ちょっと引かれます。
Posted by まるさん at 2012年05月03日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: