2012年04月15日

わに塚の桜

image/2012-04-15T08:53:55-4.jpg

これは見事に咲きました。
もう少しアップにしますと
image/2012-04-15T08:53:55-3.jpg

これもエドヒガンと書いてありました。
気球のように枝面がまるく子供が木の絵を描いたような作りになっていて、
その枝に綺麗でピンクがかった桜の花が咲いているため、
まあるいピンクの笠が出来ているようです。

image/2012-04-15T08:53:55-2.jpg

その笠のの中に入って下から空に向かって写真を撮りました。
神代桜と違い、枝と桜の付き方がまったく違います。
同じ桜で、同じ時期に咲くにもかかわらず、なぜかまったく咲き方が違うのは
なぜなんだろう。

image/2012-04-15T08:53:55-1.jpg

昨年も見に来ましたが、こんなに良く咲いていなかったように思います。
満開です。

ここわに塚は、ヤマトタケルノミコトの子ども武田王が埋められていると言われております。
そして、近くの武田八幡宮でこの武田王を祀っています。
清和源氏の武田家の先祖はこの武田の姓を用いたそうです。

樹齢300年とも言われているわに塚の桜、今年は開花が遅れましたが、その分より一層
綺麗に咲いてくれました。
本日がファイナルぐらいではないでしょうか?
あるいはもう少し持ってくれれば皆さんも見に来れるのですが。

この桜立ち居振る舞いが女性のようで、
ポツンと一本立っていますが、主張しすぎず、
人間でいえば指先までもきちんとおめかしが行き届いているという感じがします。

年に一度の衣替え、ぜひ見に来てあげてほしいと思います。
posted by まるさん at 09:21| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
素敵な光景です!
生命の力を強く感じさせます。
実際に目で見たいですね。
Posted by のび太 at 2012年04月15日 17:37
実際目で見ました。なんとも素敵な桜の樹です。これから一期に桜全線上がって来ます。楽しみです。
Posted by まるさん at 2012年04月15日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: