2012年04月08日

image/2012-04-08T00:16:37-1.jpg中央高速に入ったところで、まるい綺麗な月が目に飛び込んで来ました。見づらいかもしれませんが、ぽちんと白いのがそうです。昔から不思議なことに地平線や水平線の近くでは大きく見えますよね。何故なんでしょう。対象物があるからとか、聞きますが、いまいちよく分からない。最近本で実は解明されていないという記事を目にしました。雑誌だったのであまり信憑性にかけるかもしれませんが、そうなんだ!やっぱり分からないんだ。と思ったものです。空高くなるといつもの大きさに戻っているのも不思議です。子供の頃、大きな月をみて、月は地球に近づいているんじゃないか?と心配したものです。また、今見ている月は六秒前の月だよ。太陽は八分前太陽だよ。と小学校の先生が言ってた記憶があります。今もその時間を信じていますが、因みにあっているのかわかりませんが、当時かなり衝撃的だったことを記憶しています。
子供の頃は月事態が光輝いていると思っていましたが、太陽の光で輝いていると聞き更に驚きました。
近年ネットで月の土地を購入した友人がいました。何だか証明書みたいなものも見せてもらったのですが、あれは本当なのだろうか?でも羨ましいと思いました。夢がある。それだけで何だか嬉しい気分になりますもん。
もうじきキンカンショクが見れます。ドリームスカムトゥルーの時間旅行と云う曲で当時随時先の話だなぁと思っていましたが、いよいよ来ちゃいそうです。
ふと月を観ながら子供の頃のことまで思い出してしまいました。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 00:49| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
私も夜空の月を眺めるのが好きです。
何か心を癒してくれますね。
うさぎがいるのかなと昔
思いました。(笑)
Posted by のび太 at 2012年04月08日 17:53
月のクレーターをうさぎや色々なものに見れるいにしえの人々は、ロマンティストですよね。
Posted by まるさん at 2012年04月08日 21:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: