2012年03月13日

恵林寺

image/2012-03-12T13:29:09-5.jpg
恵林寺は1330年、夢窓国師によって開かれ、戦国武将・武田信玄が菩提寺と定めた臨済宗妙心寺派の古刹です。

庭園があり、武田信玄のお墓があったり、武田不動尊があったりと武田家ゆかりのお寺です。
山梨県内でも有名なお寺の一つです。

有名なのは
image/2012-03-12T13:29:09-3.jpg

お分かりでしょうか?
心頭滅却すれば、火もまた涼し

天正十年1582年 4月3日 恵林寺に織田信長が火をつけたというもの。
近江の佐々木承禎らを密かにかくまい逃れさせて快川国師に信長は怒り国師はじめ百余人の僧侶を山門にへ集め火をつけたという残虐事件です。
その際快川国師が唱えたという一言です。

その墓が門前にありました。
image/2012-03-12T13:29:09-1.jpg

戦国の世の出来事です。
この地は果樹園の多い地域です。春になりますとたくさんの花が咲き始めます。
一度訪れてみてはいかがでしょうか?

次回は庭園などについて記入します。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 08:54| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
心頭・・・の言葉は知っていましたが
まさかここのお寺と関係があるとは
初めて知りました。勉強になりました!
訪れたいですね。
Posted by のび太 at 2012年03月13日 18:09
そうでしょう。歴史のある綺麗で威厳のあるお寺です。
Posted by まるさん at 2012年03月14日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: