2012年01月26日

高尾講 団体列車

image/2012-01-25T21:02:54-1.jpg
高尾講

団体列車だから何か特別な列車かと思ったんですが、あずさじゃないですか?
自分たちで弁当を作り、ホームまで運び、列車に載せて、そのまま添乗員まがいのことをするというなんだか不思議な日でした。

image/2012-01-26T08:59:58-7.jpg

過去ほぼ50年くらい続いているイベントで、中央本線の構内営業を行っている企業で、JR様に恩返しという意味で始まったらしいです。
もうほとんどなくなってしまった他社様の駅弁屋さんやお土産屋さんなどが始めたんですが、いまだに残っているのが、丸政くらいになってしましました。
大月などでも人数集めてくれていましたが、今は少なくなってしまいました。
JRの列車を使って、乗客の誘致をするという感じでしょうか?

image/2012-01-26T08:59:58-6.jpg
JRの中央本線の団体列車を使い、京王線に乗り換え、高尾電鉄のケーブルカーやリフトも使い少し交通機関も潤います。もちろん利用者様はお安く利用できるわけです。Win−Winです。
image/2012-01-26T08:59:58-5.jpg
寒いからでしょうか?ケーブルカーのほうが利用者が多く、リフトはあまり人がいません。
ちなみにケーブルカーは日本一の角度で上がって行くとのこと。ということはかなり急です。
高尾山ということは山です。別ルートでは登山客がいるくらいです。
リフトで15分位でしょうか?かなり上っていく感じが味わえます。
リフトはスキー場のような感じです。
image/2012-01-26T08:59:58-4.jpg

リフトを降りて本堂まで少し歩きます。この山門を通り、108段の階段を上ります。煩悩と同じ108ですね。この高尾山は今話題のパワースポットと言われています。
歩いていてもスカッとします。
ここからの眺望は素敵です。都内や神奈川方面が一望できます。

image/2012-01-26T08:59:58-3.jpg

いまいちお伝えするにはお粗末な写真ですが、本堂です。
ここでお札の護摩焚きが行われます。
私も参加しました。徐々に災が上がりお堂内が温まってきます。
僧侶が六名ほどで読経が始まります。太鼓、ほら貝がずしんと響きわたります。
15分位で護摩焚きが終了すると、ご本尊様の不動明王の化身、飯縄大権現様をまじかで拝むことが出来ます。堂内に入らないと見れないのでいい経験でした。
商売繁盛を祈願して来ました、今年は昇竜のごとく躍進していきたいと思います。

団体列車には約400名くらいの参加となりました。
天気が良ければもっと良いのですが雨、雪もなかったのでそれだけでもよかったのかもしれません。
image/2012-01-26T08:59:58-2.jpg

天狗がね、いたようです。それとカラス天狗。
天狗の大判焼きみたいなものが売っています。天狗焼きかな。
大粒の黒豆がアンの中に入っていて、おいしかったです。
半分貰ったので写真に収めることが出来ませんでした。

高尾山はなかなかいいところです。
パワースポットでもあり、風景も良いし、門前も楽しげです。
またじっくりと行ってみたい場所です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 11:40| Comment(5) | 管理人日記
この記事へのコメント
寒い中お疲れ様です。
高尾山は天気が良いと、都心のビル群から富士山の姿まで望める東京では貴重な山ですよね

昨日、夕方に阪神百貨店の駅弁大会に行ってきました!
熱々のカツサンド(豚)を美味しく頂きましたよ。
ソース文化の関西人でも勝負できる味ですね。
もしかして関西様にソースのブレンド変えてるのでしょうか?
Posted by やっぴー at 2012年01月26日 13:43
高尾山へは昔何度も訪れました。
写真を見て懐かしい気持ちになりましたよ。
寒い日が続きますがお身体を大切に
お過ごしください。
Posted by のび太 at 2012年01月26日 17:29
やっぴーさん、さっそく阪神百貨店へ足を運んで頂き、誠にありがとうございます。今回の阪神百貨店催事部隊は丸政のなかでもおじさん2人組という異例な組み合わせです。バテてしまわないか実はかなり心配です。製造部からの派遣は、体調を崩してしまい、うごけず、金沢大和香林坊の催事も重なりこういう体制となりました。なのでなかなか写メールもうまく使えず現場状況ものせることが出来ません。残念です。それでも要請しています。どうにかなるといいのですが。因みにソースは変えていません。催事でカツサンドを初めて登場したのが、なんと阪神百貨店催事でした。大きな宣伝なしで関西の方に絶大な支持をいただいたのが、始まりです。今回もお客様に喜んで頂き、成功で幕を降ろしたいものです。
やっぴーさんものび太さんも、高尾山には行かれているのですね。あの清々しい眼下の風景を見ていると思うと親近感を感じます。

催事現場を各部隊からなんとか送ってもらい状況報告出来ればいいのですが、やっぴーさんに送って貰えば良かったかな?
Posted by まるさん at 2012年01月26日 21:34
製造部からの派遣とは、工場長ですか?
Posted by @ at 2012年01月27日 02:59
製造課長さんです。
Posted by まるさん at 2012年01月27日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: