2011年11月06日

野生の鹿

image/2011-11-06T22:19:57-1.jpg良く見ると点点に見えるのは鹿です。ここは清里高原です。群れ発見です。以前野生の動物を見ると驚いたもんですが、今はふーんです。朝暗いうちに出勤すると道路に奴らが道ふさいでいることも多々ありです。鹿は車が近づくとビックリして硬直します。スピードが出ているとぶつかっちゃうんです。丸政のあきちゃんは先週鹿と体当たりして車がぼこぼこで今修理中です。
保険がおりると喜んでいました。ぶつかって会社に帰って来たときのあきちゃんは泣きそうでした。
ちなみに鹿は神使として有名です。春日大社、鹿島神宮、厳島神社など神の使いとして神格化されています。確か鹿に乗った神様の掛け軸をみたこともあります。
神の鹿というともののけ姫を思い出します。

なぜ鹿がこんなに現れるかというと一つは餌がなくなって来ている。もう一つは木々の伐採です。ここ小淵沢もかなりはげ山化されています。何か鹿達が訴えているのだろうか?自然破壊を感じられます。
だから人間の住んでいる場所に現れ初めているのかもしれません。
少し考えものです。鹿と共存する方法はあるのだろうか?

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 23:28| Comment(3) | 管理人日記
この記事へのコメント
野生の鹿がいるのですね。
餌が無くなり木々の伐採となると
何か気の毒に感じます。
自然を大切にしなければいけませんね。
Posted by のび太 at 2011年11月07日 06:25
鹿が降りてきているエリアはだいぶ拡がっていますね。やはり、人の手が入らないエリアを作らないと動物達の住処も狭くなりますからね。
このままだと駆除とか言われかねないです(T_T)

共存は難しい問題ですよね…
人間だけがそんなに偉い訳でもないのに。
Posted by ゆづぽん at 2011年11月07日 07:58
鹿の降りてきている範囲が広がってきているのは確かです。夜行性なんでしょうか?特に夜は普通に人間の生活圏に出てきています。
野生動物の保護や森林伐採などの自然環境の問題など一般の私たちにはどうしてあげればいいのだか良く分かりません。
ですが、少しでも共存できる環境が出来ればいいのになあと思います。しかも本当はゆっくりとくらして、自動車事故なんて会いたくないでしょうに?
Posted by まるさん at 2011年11月07日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: