2011年07月06日

EF15 EF15型電気機関車

image/2011-07-06T21:55:20-1.jpg

EE15-198号は昭和33年10月東洋電機と汽車製造会社で造られました。
まずは東海道本線 昭和38年10月米原機関区(東海道本線)、昭和39年9月岡山機関区(山陽本線)、昭和44年10月宇都宮運転所(東北本線)、昭和53年10月八王子機関区(中央線、南武線、武蔵野線)、そして昭和58年3月立川機関区で約26年間のお勤めを終了してなぜか山梨県の韮崎市スポーツ公園の脇に鎮座しています。

image/2011-07-06T21:55:20-2.jpg

212万キロの距離を完走しました。
大した距離です。

蒸気機関車の次に活躍したのでしょうか?
詳しくはわからないのですが日本の高度成長期を支えた一台には違いありません。
よくよく見ると愛おしささえ感じられる機関車です。

この公園にはミニSLもあります。子供さんが喜んで乗っているようです。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 22:22| Comment(2) | 管理人日記
この記事へのコメント
電気機関車が展示されているのですか?
これは是非見たいです。
南武線の名前を見てとても懐かしく
感じました。以前利用していた
電車なのです。
Posted by のび太 at 2011年07月07日 05:59
凄いですよね。かなり走ってくれてます。今はただのオブジェですけどかなり働いてくれたかんがうかがえます。これからも愛されていくことと思います。
Posted by まるさん at 2011年07月08日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: