2011年01月29日

久しぶりに駅弁の紹介

ふうりん
前回、風林火山弁当の紹介をいたしました。
今回はその内容の説明です。
まず、作成にあたりどのようにしたら甲州をアピールできるか郷土史の専門化の方やデザイナーの方に色々とインタビューしてみました。また、山梨の郷土料理を勉強しなおしごはんの箇所を盛り込めないかと考えて見ました。妙高高原に行ったときに郷土寿司で笹の葉に包んだ笹寿司が有名でした。これは信玄と戦った謙信の方の合戦弁当です。これが、ヒントの一つでした。甲州での飯を勉強しまして、丸政での弁当に活かせないかと考えたわけです。もともと駅弁というのは郷土料理を活かしていたり、名産を活かしているのですんなりとはまるものもあります。
私の研究での成果は風の信玄笹寿司火の甲州鉄火味噌おにぎりです。風の寿司は甲州の名産の鮑の煮貝を活かしアカニシ貝の煮貝とあわせて、手まり寿司を作ってみました。甲州の郷土料理の寿司に手まり寿司のような寿司がありました。それをみほんとして作ってみたわけです。この弁当の風の信玄笹寿司はすべて手作りです。毎朝衛生手袋をした従業員さんが、手でこねます。以前1000個風林火山があったときも頑張って1000個こねた経験がございます。かなりハードでした。ですが、この寿司美味しくできました。酢飯と煮貝がこんなにあうなんて思いませんでした。食べる価値ありです。
もう一つ鉄火味噌です。味噌は甲州名物のほうとうでも使います。この味噌を火にあやかり鉄火味噌を作りました。郷土料理を見直し、イメージを作り、丸政オリジナルで作り上げました。2種類の味噌をブレンドし、ごぼうと大豆を炒めそれもかなり長時間炒めます。辛味成分とあと数種類の調味料を混ぜ合わせひたすらかき混ぜます。どの飯にのせても旨い味噌が出来上がりました。
風林火山にちなんだ飯を弁当箱の四隅に配置しております。私としましては絶品の飯たちだと自負しております。どうぞ召し上がってみてくださいませ。
posted by まるさん at 18:12| Comment(0) | 駅弁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: