2012年06月30日

勝沼氏の館跡

image/2012-06-30T11:07:58-3.jpg

勝沼と言えば山梨県ではぶどうの産地で、ワインつくりで有名です。
その勝沼は、元和4年(1618年)甲州街道に勝沼宿が誕生したことが始まりです。

その場所に勝沼氏の館跡を発見しました。

勝沼氏は、武田信玄の父武田信虎の実の弟が元となっています。
名前は武田信友です。

血がつながっているだけあって信頼も厚かったようです。
image/2012-06-30T11:07:58-2.jpg

何もなさそうでしたが、裏に入っていくと空堀があるじゃないですか!
image/2012-06-30T11:07:58-1.jpg

それっぽい橋もかかっています。

image/2012-06-30T11:06:13-9.jpg

おお!門か、何もなさそうな場所にこんなものがあると嬉しくなります。
image/2012-06-30T11:06:13-8.jpg

こんな感じに大小15棟が敷地内に建っていた様子です。
鍛冶場があったり、集まるところがあったりと一番盛り上がっていたのは16世紀前半だったようです。
今なんて、隣はこれですよ。
image/2012-06-30T11:06:13-4.jpg
やっぱり葡萄畑です。

勝沼は甲府盆地の始まりな場所なので、人の行き来が頻繁でした。
もともとは小山田氏の土地だったのですが、信虎が信頼厚い弟をその地を封じるために
おくったと考えられます。
戦国時代は大変ですねぇ。

中央高速の勝沼インター降りてすぐの所にあります。
無料の駐車場があります。

勝沼にお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
かなり渋いと思います。
なぜなら皆さんは、葡萄とワインの目的で来ます。
勝沼氏の館跡を訪れに来る人はあまりいないと思います。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 13:33| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月28日

イロハモミジ

image/2012-06-24T13:23:08-2.jpg

北杜市武川の山の中をちょっと走ると、
大きな木があります。

宮脇のイロハモミジと看板がありました。
カエデ科(タカオカエデ、イロハモミジ)色々と名前があるようです。

カエデの葉が手のひら状に5から7枚に分かれ、「いろは・・・」
と数えられたから、イロハモミジと呼ばれていたようです。

きっと秋には真っ赤になるのだと思います。
image/2012-06-24T13:23:08-1.jpg

樹齢250年から300年と言われています。
かなりの年月がたっています。
根回りは3.16メートル。
これはでかい。

秋には綺麗な風景が見れるのでしょうか?
秋には見に行きます。

緑の葉も綺麗です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 14:07| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月27日

本場の山賊焼き

image/2012-06-27T09:30:44-3.jpg

先日ほたる祭りで立ち寄ったとちっ子さん。
毎年このほたる祭りの時期に来ます。
だから年に一回はこの店に足を運びます。
山賊焼きを食べに立ち寄ります。

それはこんなのです。
image/2012-06-27T09:30:44-2.jpg

じゃーん!
でっかいです。

これだけを頼んでかぶりついて店を出る。
変なお客さんです。

image/2012-06-27T09:30:44-1.jpg
アップ。

山賊はニンニクや、ショウガなど自然な調味料で多分付け込んでそれを揚げます。
でっかいので時間をかけてじっくりじっくりです。

揚げているから油っぽいかもと思いますが、まったくそんなことが無いんですよね。
国産鶏だからか、柔らかい肉質です。
やわらかいけどぱさぱさしていません。

普通はこれを肴にビールで一杯が良いんでしょうが、
運転しているので、簡単に言うとフライドチキンかぶりつきです。
辰野町の地域めしの山賊焼きは有名です。
あんなに大きいのが骨だけになっちゃいます。

「おばちゃん!山賊焼き2個お願い致します」
「飲み物は?」
「うーん」
「頼まなくてもいいんだよ!お茶あげるから」
「じゃあ、申し訳ないけど、山賊だけで」
「これを食べに来ました」
なんて言ったら
提供してくれる時に、
「これが山賊焼きです」
と自慢げに出してくれました。

手創りポスターに34年間変わらず600円です。
と書いてありました。

今の600円はかなりお得ですが、34年前はチョッと高級?だったのかな?

いずれにせよ、600円の山賊焼きだけ注文して、皿の上に骨だけ残して
店を後にしました。
「お兄ちゃん、またおいで」
「また来ますね」

感じのいいおじちゃんとおばちゃんがお店を切り盛りされています。
中央本線の辰野駅の前の道を通って
商店街の方に聞けばすぐに分かると思います。

美味しいですよ。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:57| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月26日

双葉サービスエリア

image/2012-06-26T12:37:48-1.jpg

中央高速の双葉サービスエリアに、展望台があります。
双葉のSA自体少し小高い場所にあります。
近くには響きが丘とか、登美の丘などと呼ばれる場所があるくらいの丘にあります。

その丘にさらに高い展望台です。
雲が無ければ富士山、八ヶ岳などぐるりと一周見渡すことが出来ます。

image/2012-06-26T12:37:48-2.jpg
これが甲府盆地を見下ろす感じです。
本来なら富士山も見えるはずなんですが、残念です。

反対側は、こんな感じです。
image/2012-06-26T12:37:48-3.jpg
丁度雲がかかっている場所が八ヶ岳です。

見晴らしは良いですよね。
夜は登れないようになっているので夜景は見れませんね。

中央高速の双葉サービスエリアは上り線でも下り線でも人の行き来は出来るので、
どちらでも上ることが出来ます。

チョッと立ち寄るときは登ってみてはいかがでしょうか?
勿論無料ですよ。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 15:29| Comment(2) | 管理人日記

辰野町

image/2012-06-25T21:36:32-1.jpgこれ何だか分かりますか?

精一杯の光なんです。
ホタルの光です。スコットランド民謡と同じ、これが本当の蛍の光です。
今、長野県の辰野町でホタル祭りが開催されています。毎年この時期に足を運んでいます。何万匹レベルで見れる時もあるようです。

童謡公園と言う公園に三百円払って、暗闇にゆらゆら光るホタルをゆっくり只なんとなく見て周ります。

今回は25年ぶりの再開の友人と蛍を見ることが出来ました。

久しぶりに会っても何の違和感もなく話をすることが出来たのは不思議なことでした。

さて蛍ですが、毎年この時期に光り始めます。毎年毎年です。不思議なことにね。
だけど昨年の光は彼らのお父さん達、更にその前の年はそのおじいちゃん達が光っていたのだと思うと代々受け継がれているところが凄いです。いつ頃から光っていたのでしょうか?

まだまだ蛍が見れると思います。
中央本線の辰野駅を目指して行くとたどり着けます。今は駅周辺で屋台が出ているお祭りがもようされています。両方楽しめますよ。
posted by まるさん at 01:39| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月24日

さくらんぼ

image/2012-06-24T10:36:33-1.jpg

来ました来ました。
誰かサクランボくれないかな〜
と思っていましたら、

積込の多い南アルプス市にあります、山十農園さんのサクランボを
丸政の社員が買ったか、貰ったかして
私の手に!

B級品ではなく通常の販売と同じものです。
つやつやでまだ歯ごたえがあります。
種がやや大きめな感じがします。

今だけの旬な食べ物です。
ガンガンこちらにお越しください。
お待ちしております。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 10:58| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月23日

泉郷

image/2012-06-23T12:50:22-1.jpg
これは北杜市にあります泉郷さんの入口です。

泉郷さんはホテルとレストラン、そして貸別荘がたくさんある施設です。
もう15年ほど前ですが、前職の仲間たちとこの泉郷の貸別荘をかりて、
近くの川にイワナ釣りをしてバーベキューして夜は飲みながらトランプやUNOなんて
やった思い出があります。

ゲームが原始的です。
その頃、たまたま行った温泉がスパティオ小淵沢でした。
まさか数年後その会社に入社しているとは思ってもいませんでした。
また泉郷の貸別荘に数年後弁当を配達しているなんて・・・
不思議なものです。

エントランスの噴水です。
イタリアのローマを思い出します。

気候もいい感じです。
貸別荘を借りて八ヶ岳山麓を周るのもいいと思います。
ワンワンパラダイスという施設も近くにあります。
ここはワンちゃんと一緒に泊まれる施設です。

前もって予約を入れていただければオードブルなど配達することもできますよ。
ぜひ御利用してくださいませ。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト


posted by まるさん at 13:09| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月22日

牛頭島公園

image/2012-06-22T19:09:01-1.jpg

牛頭島公園、
「うしあたま?」
「違う違う、ごとうじま」
よく交わされる話です。

「五島島?」
「違う違う、うしあたまって書くんだよ」
これもよく交わされる話です。

昨日は旅行会社さんのツアーで「甲州街道を歩く」
の方々にお弁当を運びました。

ここは韮崎市の最北端、すぐに北杜市になるところです。
甲州街道は現在の国道20号に当たります。
そして、ここには釜無川という川が流れていまして、
大昔は武田信玄がこの川の氾濫にてこずった程の川でした。
そのため色々と工夫して、信玄堤なる堤をつくったりしていました。

この公園も川の氾濫を避けるように赤松を183本植えて水の氾濫を止めていたそうです。
その名残で赤松の多い公園が出来ました。

釜無川の側道にサイクリングようの道があります。4.5キロは続いているんではないかと思います。
自動車がぶんぶん走っている道ではなく安心して歩ける道になっている為
ツアー客の方々もここをウォーキングされます。

車では良く通るのですが、来たのは初めてだったので少し散策でもしてみるか?
と思いちょっとぶらつくと3分も立たずに
団体様が歩いてくるのが見えました。

橋を渡っているのが見えますでしょうか?
ですので撮影は一枚だけです。

台風の影響で釜無川の水が濁っていますが、いつもはかなりの透明度です。
サイクリングロードは綺麗な川沿いを歩き、車の心配もなく、富士山も見えて、
片側は七里岩の絶壁(これがまたいい風景を醸し出します)、反対側は緑多い山です。
歩いていて気持ちが良い所です。

この先には道100選に選ばれている台が原宿もあります。
散歩には最適な場所です。
しかもこの公園でランチ出来るのも良いですよ。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 19:34| Comment(2) | 管理人日記

2012年06月21日

駅弁屋新宿店

image/2012-06-21T17:33:08-1.jpg

昨日は出張で東京へ行きました。
その際、新宿駅へ立ち寄りました。
ここはNREさんがやっている駅弁屋さんです。
新宿の南口から入ると真正面です。

さてうちの駅弁はあるかな?
image/2012-06-21T17:33:08-2.jpg

あった!
牛めしとまんぷく甲斐と甲州とりもつべんとうと東京甘酢団子弁当が目に入りました。
あまりじろじろ見てると怪しまれるのでしれっと撮影で立ち去りました。

まだ午前中なので在庫も多いけど
新宿でもしっかり頑張っているようです。
丸政の駅弁も。

他社様も結構置いてあります。
色々選べますよ。

新宿に御用の方はこの駅弁屋さんに足を運んでみてください。
丸政の駅弁があるかもしれませんよ。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 18:11| Comment(2) | 販売売店

2012年06月20日

東京甘酢弁当

image/2012-06-14T11:03:27-7.jpg

駅弁らしい折箱に入った幕の内風の駅弁です。
カレーの西京焼き、玉子焼き、かまぼこ、
駅弁に必須のアイテムが入っています。

image/2012-06-14T11:03:27-8.jpg

東京甘酢団子と海老焼売。
私としては売り商品が所狭しと入っている感じがします。

実際は東京駅での販売がメインな為、
私もあまり見かけません。
検食で残ったものを見る程度でしょうか?

先日の話ですが、この中の東京甘酢団子だけの惣菜がありますが、
「どこで売っていますか?」
「いつ買えますか?」
と夕方連絡が来ました。

ありがたい連絡です。

うまい米と美味しいおかずの駅弁を
頑張って作っていきたいと思います。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:07| Comment(3) | 管理人日記