2012年04月30日

八ヶ岳農業実践大学校

image/2012-04-29T10:05:44-2.jpg
ゴールデンウィーク中は弊社の駅弁「にわっとり」を農場でも販売しています。
それを届に行きました。
image/2012-04-29T10:05:44-1.jpg

ゆうゆう自適に牛たちも散歩中です。
良く確認できませんが、後ろにダルメシアンみたいな柄の牛がいました。
珍しい。
近づいて来たら写真も撮れたのですが、全然違う方へ走っていきました。

売店も早くからお客様が訪れてフレッシュな野菜や卵を買っていました。
買い物も良いですが、この場所に来ることが気持ちがいいです。
image/2012-04-29T10:05:44-3.jpg

八ヶ岳が見えて、草原があり、自然がいっぱいです。
こんなところで、弊社の駅弁を食べるなんていいと思いますよ。
GW中は「にわっとり」を置いてもらっていますのでお出かけの際は売店にてご購入下さいませ。

原村の農業実践大学校です。丸政のホームページから検索できたと思います。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:42| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月29日

高森観音堂の枝垂れ桜

image/2012-04-29T09:58:46-7.jpg
名木発見です。
見事な桜を見つけました。
ちょっと感動です。

お隣の長野県富士見町の高森という場所です。
image/2012-04-29T09:58:46-5.jpg

樹齢250年の桜の木です。
しだれ桜別名イトザクラです。
細い枝が垂れ下がる感じです。
エドヒガンのしだれらしいです。

ここは高森観音堂の枝垂れ桜です。
渋く素敵なわらぶきの観音堂が桜の目の前にあります。
image/2012-04-29T09:58:46-4.jpg
これが観音堂です。

こんなのが近くにあるなんて知りませんでした。
image/2012-04-29T09:58:46-2.jpg

桜も入りかなと思って撮影しましたがお堂しか入っていない。
残念。

幹もかなりぶっとく、枝垂れだけあって枝葉繊細です。
レインボーラインを長野方面に向かい、高森の交差点を左折して200メートルくらいで
お堂があるあたりに来ます。
そこから舗装されていない昔の道を50メートルほど行くといきなり
桜とお堂があります。
この時期は近隣の方が、桜饅頭を販売しながら椅子を出してくれています。
富士見町の団子屋さんから仕入れているとのこと。
お堂の中も御開帳されています。
古いながらも見事です。
江戸時代にタイムスリップしたかのようです。
この親の桜からたくさんの子どもたちが開花しています。
image/2012-04-29T09:58:46-3.jpg

こんなのもそうらしいです。
無料駐車場も設けてくれています。

地元の方に、「丸政さん!宣伝してくださいよ」
と地元の方に言われました。
目立っていたのでしょうか?私が。
元気甲斐ジャンパーを着ていたからでしょうか?

何度も言いますが、いきなり発見で感動です。
今が最高です。
ゴールデンウィーク中のお客様はぜひ見てもらいたいと思います。
信濃境駅をめざして行けば多分分かります。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 10:55| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月27日

北杜市の桜

image/2012-04-27T10:45:02-2.jpg
いよいよ最終段階になってきました。
小淵沢も昨日あたりで満開です。

ここは長坂の清春美術館です。
以前は小学校としてあった場所です。
ですから小学校の入口あたりの桜並木だったんだろうと思います。
私が行ったときは桜吹雪が舞っていました。
それはすごい桜吹雪でした。
目の前が見えないくらい吹雪いていました。
たまたま私が通った時に突風が吹いたために右から左にピンクの花びらが
カーテンのように流れました。

image/2012-04-27T10:45:02-3.jpg

なんだか、少しさびしさを感じてしまう。
春の桜イベントです。開花の待ちどうしさと、開花と、春めく気持ちは
どこかで終わってしまう寂しさが絶えず同居しています。

四月もあっという間にもう後半です。
ゴールデンウィークに突入します。
丸政は商売時なので私もお休みは当分ない覚悟でお客様をお迎えする体制を
作っていきます。

image/2012-04-27T10:45:02-1.jpg

全国の友人たちは、「桜はもう葉桜ですよ。」
とか、「散ってしまっています。」
など聞きます。
「小淵沢は今が満開ですよ。」
というとまだ咲いてるの?
と驚かれます。

五月はサツキかな?
先日大阪に行った際にすでにサツキが芽を出していました。
花で季節を感じることが出来るのは日本ならではの楽しみです。


おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 11:12| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月26日

為朝神社

image/2012-04-15T08:52:11-4.jpg
為朝神社の外側の社です。
以前ご紹介した武田八幡宮のほど近い、約50メートル位にある神社です。

鎮西八郎源為朝を祀った神社です。源氏系ですね。
それを武田太郎信義が社殿を建立して、為朝の画像と長太刀を納めていたそうです。
ここの神社は古来、疱瘡除けの神社として活躍していたそうですが、
明治維新以後、種痘の実施とともになくなってしまったとのこと。

外側と書きましたが、中には本殿があります。
image/2012-04-15T08:52:11-2.jpg

これが外にむき出しになっていたのだと思います。
彫刻など小さいながらしっかりしています。

怖いのは
image/2012-04-15T08:52:11-3.jpg

これです。
本殿の横に鎮座しています。
多分源為朝像ではないかと思います。

最初に見たときおっかなかったです。
申し訳ないと両手を合わせました。

景色のいい場所です。
武田八幡宮に来ましたら見てみてください。


おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 18:59| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月25日

清春にて

image/2012-04-25T15:40:09-1.jpg小淵沢から少し散歩で珍しいのを発見しました。
これは梅かな?
一本の木で枝には紅と白の花が付いています。
自然なんだと思いますが、人工的な可能性も否定できません。持ち主の方は勿論ご存知のことと思います。どちらにしても共存状態で見事に育っているのは、凄いことです。
最近はニューハーフなり、おねぇなどだんだんわからなくなって来ています。こちらは心は自然、体はちょっぴり人工。
ベトちゃんとドクちゃんは自然、人工的薬物によっているかもしれませんが。
ロバと馬のラバ。これも自然かな?
全く梅の木で頭の中も訳わからなくなってしまった。素直に綺麗で良いのだか、頭のなかで梅の花は白は白たけ、紅は紅だけ、一本の木で枝によって色が違うなんてあり得ないという固定観念が私を不思議な思考に誘ってしまったのでしょうか?
自分の頭の中のフィルターがあるんだなぁと、ふと感じてしまいました。綺麗なものは素直に綺麗と感じることができるようにしなくては。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 21:15| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月24日

神田の大糸桜

image/2012-04-24T08:18:57-2.jpg
こちらも開花いたしました。
私の自宅からほど近い、神田(しんでん)の大糸桜です。

五年前に小淵沢に来たときは枝葉がこの倍くらい大きく両手を大きく伸ばしている感じが
するような、まるで生きている感じがするようでした。
夜、月明かりで照らされる八ヶ岳と南アルプス、そこにすーっと立ちそびえる大糸桜は
幻想的であり、神秘的な趣を醸し出していました。

また、夜半に雨が降り、早朝に晴れていて、青空と白い雲それが
近くのまだ田植えのされていない田んぼの水面に映し、
逆さの大糸桜と一緒に水面に映しだされた景色はそれはそれは美しいものでした。

image/2012-04-24T08:18:57-1.jpg

今は少し治療中のこの大糸桜は若干ヤシの木を連想するような感じがします。
地元の有名な樹木医さんがじっくり見届けながら丹念に治療しております。
それでも何年も生きてきただけあり穏やかに生命力を感じます。
優しい花を毎年この時期に小さく咲かせ、
木それ自体の存在感以外に春の訪れとお化粧した違ういでたちでまたアピールしてくれています。

八ヶ岳の反対側は南アルプスそして甲斐駒ケ岳が良く見えるポイントです。
あずさに乗っていても確認することが出来ます。
小淵沢ではようやく桜が咲き始めました。
今週末でも足を運んでみてはいかがでしょうか?

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 08:43| Comment(3) | 管理人日記

2012年04月23日

井戸尻遺跡

image/2012-04-15T09:00:54-5.jpg
小淵沢からほど近い、長野県富士見町の井戸尻遺跡をご紹介いたします。
私は今回二回目の訪れです。

簡単にいいますと、約7000年前の縄文時代早期から4000年前ぐらいの縄文時代の中期あたりの
集団の集落群です。

遠く富士山を見あげ、八ヶ岳山麓の自然と湧水。
この茅野市、富士見、北杜市と七里岩ラインに沿って遺跡が集中しています。
茅野の尖り遺跡、ここは国宝の縄文ビーナスが出ています。
富士見町はこの井戸尻遺跡。
北杜市は金生遺跡など。

これらは全体の一部です。
北杜市明野町は日照時間日本一など当時の人も自然に感じていたのでしょう。

image/2012-04-15T09:00:54-7.jpg

さてこの井戸尻遺跡、資料館がございます。
本当にびっくりするぐらいの出土です。
土器類ですが、とても古代人が作ったと思えないほどの美術的価値もある出土品です。
しかもレプリカではなくすべて本物。
その数も圧倒されます。
なぜここにこんなに保管されているのだろうかと思うほどです。

image/2012-04-15T09:00:54-9.jpg

見た目には地味な建物ですが、中に入ったら圧倒される展示品です。
基本的に土器類は焼き物ですよね。
美術品として作ったわけでは無く、
生活用品や神事の為に作ったのでしょう。
今、現代人が展示室で展示しているとは全く思ってもいなかったことでしょう。

室内の展示品を写真で出せないのが残念ですが、一見の価値があります。
外は先ほどのように少しレプリカの
当時の家が建っています。
中は本当に火を焚いているようでそれらしくなっています。
また、image/2012-04-15T09:00:54-4.jpg

丁度梅が咲いていて綺麗でした。
わんさか人が訪れるわけでは無いでしょうが、なかなかいい場所です。
自然の良さも堪能でき、歴史、そして縄文人の息吹を感じることもできます。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 10:39| Comment(3) | 管理人日記

2012年04月21日

真原の桜並木

image/2012-04-21T07:25:19-1.jpgようやく、実相寺の神代桜の近くにある桜並木が開花しました。蕾から開花まであっという間です。ここを知ってから毎年訪れていますが、今か今かと待っていました。一本の桜ではなく、桜のトンネルです。いわれや時代とかはよく分かりませんが、観光の方も訪れるスポットとなっています。車で桜のトンネルをゆっくり通ることも出来ます。
この桜が咲く頃になって山肌に所々ピンクの色が斑点のように気付かされます。山桜というやつではないかと思います。彼らはそっと私はここです。と訴えているようです。
また、あれ?あなた桜だったの?と気付かされたりする木もあったりと、春ならでわの出逢いだったりします。一斉に春の訪れを知らせてくれているようです。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 08:54| Comment(4) | 管理人日記

2012年04月20日

武田八幡宮

image/2012-04-15T08:52:11-7.jpgimage/2012-04-15T08:52:11-10.jpg

韮崎市にあるわに塚の桜を以前紹介いたしました。
これですね。
image/2012-04-15T08:53:55-4.jpg

その際にはぜひお立ち寄りして頂きたい神社があります。
この武田八幡宮です。
入口の山門の手前にはかなり立派な大木が2本、まるで鳥居のようにそびえ立っています。
写真では両サイドに少し載っているようです。

山門を超えるとやや長めの階段です。
ここ武田八幡宮はもちろん甲斐の武田氏にゆかりがあります。
武田信玄も武田勝頼もかなり手をかけていました。

ヤマトタケルノミコトの子ども武田王の亡骸を納めたあるいは祀ったと言われています。
多分わに塚の桜の下に亡骸を納め、神社のところで祀ったのではないかと勝手に思っています。

長い階段を昇ると舞台があります。
その後ろに本殿です。
image/2012-04-15T08:52:11-6.jpg

趣がありますがやや木造の為か老朽化を感じてしまいます。
横からはimage/2012-04-15T08:52:11-5.jpg
分かりにくいですね。すいません。

神社社の彫刻は立派です。また、屋根の部分も古いため河原ではなく木の板を活かしています。
ここはかなり高い山肌のところで以前は白山城という山城であり、狼煙台としても活躍した場所です。
韮崎市内や甲府方面も見渡せるスポットです。

みはらしもよく甲武信岳も見える場所です。
御利益も感じるパワースポット的な神聖な神社です。
お花見の際はぜひお立ち寄りしてみてくださいませ。
歴史とパワーを感じることが出来ますよ。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:43| Comment(2) | 管理人日記

2012年04月19日

白州町 シャルマンワイン

image/2012-04-15T09:00:54-1.jpg
え!何来れと思いますでしょうが、
ワインの蔵です。倉庫ってやつでしょうか?あるいは工場?

北杜市白州町にあります。
シャルマンワインさんです。
ではこの蔵の中に入ってみましょう。
image/2012-04-15T08:58:09-7.jpg

手前にぶどうの房取り器があって、次に絞り圧縮機のような大きなタンクがありました。
写真にありますように、地下があります。
降りていくとひんやりしてきます。
そしてワインの発酵の匂いが立ち込めてきています。
image/2012-04-15T08:58:09-6.jpg
ワインらしく樽の貯蔵やimage/2012-04-15T08:58:09-4.jpg
瓶詰めの貯蔵がありました。
じっくりと貯蔵されているようです。
image/2012-04-15T08:58:09-5.jpg

さらに奥にはまたタンクがありました。
多分このひんやりが良い温度なのでしょう。
image/2012-04-15T08:58:09-2.jpg

倉庫の反対側にはギャラリーがありました。
甲斐駒ヶ岳を中心に写真や絵画が展示されています。
チョッと入ったにしては素敵な感じです。

そして売店にて試飲と購入です。
当日は運転していなかったため、白も赤も堪能させていただきました。
ワイン好きな私と山ちゃんも驚きの美味しさ。
好みは色々な方でございますが、私にはこんな近くにこれだけのワインが出来るんだ。
と少し感動しました。
お値段も比較的リーズナブルです。
家からもさほど遠い場所ではなかったのに、なぜ来なかったのかを悔やまれました。
国道20号の白州町の道の駅の隣くらいにあります。

今回は樽に入ったカルベネをその場で瓶に詰めてもらい1500円で購入しました。
家で飲んでみるとオークの樽の香りがクセにならない程度にほのかに口の中に広がります。
「どこでぶどうはとれるのですか?」
と聞きましたら、
すぐ目の前で採っていますとのこと。
image/2012-04-15T08:58:09-1.jpg

なかなかいい写真が撮れたと思います。
葡萄畑と甲斐駒ケ岳です。
白州町は水も美味しく、酒も美味しく、ワインも美味しい。
良い地域です。
もうじき関の桜も咲き始めます。

こちらに来たら寄ってみると楽しいかもしれません。
工場見学は無料です。
勝手に入っていいみたいです。
売店の方も優しく親切な方でした。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 13:01| Comment(3) | 管理人日記