2011年12月22日

甲州とりもつ弁当

image/2011-12-22T08:11:10-1.jpg

今年の目立った駅弁の一つが、この甲州とりもつ弁当です。
B1グランプリで一躍有名になったとりもつ煮ののっかっている駅弁です。

レバー、ハツ、砂肝が醤油と砂糖で甘辛く照り煮しています。

甲府のお蕎麦屋さんが、鶏の内臓が廃棄になってどうしようもないので、どうにか使って料理してもらえませんか?ということで発案されたとりもつ煮です。

すっかり定着した一品となっています。
B級と言えば確かにB級です。

駅弁としては、丸政特製の茶飯と一緒に食べていただくのがお勧めです。
駆け込むように食べてしまいます。

甘辛というと私の場合はみたらし団子です。
みたらし団子の味っぽいかもしれません。
とりもつ煮の場合はさらに七味唐辛子をふりかけたりします。
それもまたいい辛みが来ます。

酒の肴にもなります。
ビールとあいます。
モツにもかかわらず子供も食べれるおかずです。

まだ食べていない方はぜひ一度お試しください。

ブームで終了なんてなったら少しさみしいです。
味で勝負です。

今回催事でも出るところもありますので要チェックです。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 17:45| Comment(2) | 駅弁

2011年12月20日

四代目丸政ラーメン店

image/2011-12-20T16:23:52-1.jpg

八ヶ岳も風が強くなってきました。
温かいもの食べたいなということで、長坂のラーメン店に行きました。
ラーメンと小カレーセットを注文です。
夕飯を食べていなかったので丁度良い量です。
ラーメン食べても少し飯物を食べたくなるのでこの組み合わせがなかなかいいです。

image/2011-12-20T16:23:52-2.jpg
チャーシューがおいしくなっています。とろける柔らかさで、いつもより良くできていたような気がします。つゆの熱々さはしっかりしています。
舌をやけどする寸前くらいの熱さがいいです。
肉食系の動物からのスープと魚介のスープののWスープ私は少し魚介が強いくらいの方がいいです。
微妙なバランスが味を左右されます。
豚骨とガラが強いと獣臭を感じてしまう。これではよろしくない。

image/2011-12-20T16:23:52-3.jpg
最近は太麺ばかりを食べていたので、今回は細麺をチョイスしました。
今は太麺か、細麺かを選ぶことが出来ます。

スープの絡み具合が違います。
ということは楽しみ方もいろいろということです。

美味しいラーメン屋さんでもお客様が少ない所もあったり、そうでもないのに混んでいるところもあるのは不思議です。今月は良くラーメン店に足を運びました。すべて他社さんです。
奥が深いのがラーメンなんでしょうか?
食べても奥が深いし、作っても奥が深い。

これからもおいしいラーメンを作っていけるように精進していきたいと思います。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 17:10| Comment(4) | 四代目丸政

2011年12月19日

最高地点神社

image/2011-12-19T08:48:22-1.jpg野辺山の鉄道最高地点にあれ?祠?神社?と何か気付くものを発見しました。近づいみると、鳥居があり、神社ということを確認しました。最高地点神社。気になります。1375米、JR最高地点を旅する方の道中と地域の繁栄を祈願して、造られたと書いてあります。当時小海線を走っていたC56の蒸気機関車の先頭車輪が御神体です。1375を人、皆幸福や人、皆合格と読みうたっています。また、車輪が一対ということもあり、夫婦円満や縁結びということも言われています。私が気に入ったのは、犬くぎが、呼び鈴になっていることです。犬くぎとは鉄道のレールと枕木を合わせる大きなくぎです。それが5つ位束ねてあり、静かな金属音が鳴ります。ちなみにくぎの叩かれる部分が犬の鼻に似ているから犬くぎと呼ばれているようです。小さな神社ですが、夢があっていいじゃないですか!日本だから一対の車輪が神格化出来たのでしょうか?遊び心も少し感じます。私も一つ願い事をしました。小海線の野辺山駅からは少し離れます。一番高い土地にあるようです。もし、このあたりにお越しの場合は確認してみてください。願い事叶ったら報告します。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:20| Comment(2) | 管理人日記

2011年12月18日

平賀源信 胴塚

image/2011-12-18T08:21:40-3.jpg
この景色の先に平賀源信の胴塚があります。八月十四日のまるさんのブログで北杜市の須玉町にお墓があることをご紹介いたしました。
信濃の佐久郡海ノ口城での武田信玄との戦で敗れた城氏とされています。
武田信玄初陣とされています。

この平賀源信、この場所で首を切り胴だけはここに葬られて、首はこの先の須玉町へ運ばれたといわれています。
この場所とは野辺山付近です。今でいうと国道141号線と重なります。
image/2011-12-18T08:21:40-1.jpg

木が育ち通りゆく方々が小石を置き少しずつ大きくなってきたようです。何千何万の小石で出来ているそうです。
隣にはこんな石碑がありました。
image/2011-12-18T08:21:40-2.jpg

古道がここを通っていたのでしょう。
平賀源内は有名ですよね、平賀源信は一応ご先祖様となっています。
戦国の世の一幕をここで感じることが出来ます。
野辺山駅のあたりからところどころに看板があり、行くことが出来ます。
綺麗な風景も堪能できます。
まさか、須玉のお墓がここ野辺山とつながるとは思いませんでした。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 09:24| Comment(2) | 管理人日記

水琴窟

image/2011-12-18T00:32:12-1.jpg前回ご紹介した武田神社の境内に水琴窟を発見しました。ご丁寧に竹の筒があり、耳をあてるようになっています。ピトンピトン響いていました。庭園の茶室の近くに造るのが多かったようです。大きな甕をひっくり返し上に穴を開けて、水がポトッポトッ落ちるようにしています。風流な仕掛けです。今自分の家に造ると、約120万円位と書いてありました。ぜひ欲しい一品です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 00:53| Comment(2) | 管理人日記

2011年12月16日

仙娥滝とほうとう

image/2011-12-15T10:03:31-2.jpg

御岳昇仙峡というのが本来の名勝です。
花崗岩がむき出しになっている形で、奇石がごろごろしています。
image/2011-12-15T10:03:31-6.jpg

山肌から川に崩れ落ちてきたのでしょうか?
あそこから落っこちてきたのであろうか?と見れる場所もあります。
自然に出来た岩と岩の間から水が流れ出てきています。
絶妙なバランスで、岩が岩にのっかていたり、と不思議な調和を感じます。

この景色は、食事をした場所の外のテーブルから撮った谷底です。
食事はほうとう。
image/2011-12-15T10:03:31-7.jpg

外は少しだけ寒く、しかし体内はアツアツという複雑な身体で食事をしました。
土産屋と食事の割にはなかなか美味しくいただきました。
感じのいい奥さんと仙人みたいな風貌のマスターが元気よくやっていました。

ここ昇仙峡は修験者の修行の場所です。
平成の名水100選にも選ばれています。
国指定名勝を大正12年のいただき、さらには特別名勝に格上げされています。
なかなかのスポットです。
有名なのが仙娥滝です。image/2011-12-15T10:03:31-5.jpg
これまた素晴らしい滝です。
落差もあり、一本ずしりと流れています。
マイナスイオンが空間に充満しているようです。

今の時期はかくれたおすすめです。
水が綺麗、空気が綺麗、人もまばらで、駐車場も空いている。
散歩がてらに歩いていると温かくなります。
気持ちのよい散策が出来ます。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 10:38| Comment(2) | 管理人日記

2011年12月15日

昇仙峡

image/2011-12-15T10:03:31-1.jpg
先日義理の弟が二人、八ヶ岳まで来てくれました。
折角来てくれたのだから食と癒しと堪能してもらおうと短い間でしたが、ドライブに出かけました。
泊まったのはもちろんスパティオ小淵沢、前回パワースポットとしてご紹介いたしました。
男三人で温泉につかり近況報告をしたりと楽しい時間を過ごしました。
夕食はスパティオ小淵沢の5階山水楼龍淵での中華料理を堪能しました。
最高級焼きそばのイーフー麺を三人で取り分けたりしました。
いずれこの焼きそばをご紹介できればと思います。

翌日は山梨のパワースポットの一つ昇仙峡を案内しました。
image/2011-12-15T10:03:31-4.jpg
夏の昇仙峡や秋の紅葉の時期の昇仙峡の散策は有名ですが、冬はいかがなものかと思いましたが、なかなかいい感じです。空気が凛として身体を浄化するかのようです。
河の水も綺麗で透明度が良く、岩肌の迫力を全身でうけてパワーを吸収しました。
彼らも喜んでくれました。

寒くなり、観光客もまばらになり今が観光地の訪れに良い時期かもしれません。独り占め状態です。
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 10:27| Comment(2) | 管理人日記

2011年12月14日

つゆの誘惑

image/2011-12-14T19:09:55-1.jpgそんなにお腹が減っているわけではないのに、寒さと醤油ベースのつゆの誘惑になぜか、財布をポケットから取りだし、百円玉を四枚自動販売機に入れてしまいました。
夕方の電車積み込みはかなり寒くなって来ました。風も強いとたまりません。ついつい食べてしまいます。その後帰宅して、夕飯を食べるにも関わらず。
良く見ると最近は女性客が増えています。まあ、老若男女皆様気軽に利用して頂いているのが、現状です。先日甲府市内のセミナー後に初めてお会いした方と名刺交換をいたしました。年の頃40歳位の方です。丸政を見て、駅弁ではなく、駅そばの話が先に出て来てびっくりしました。小淵沢の駅そばファンとのこと。私よりも熱く語って頂きました。皆さんも小淵沢駅で誘惑に負けてみませんか?
おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 19:26| Comment(2) | 駅そば

2011年12月13日

パワースポット スパティオ小淵沢

image/2011-12-13T11:59:08-2.jpg
駅弁の丸政のグループ会社、マルマサホテルシステムの経営委託されているスパティオ小淵沢の温泉がパワースポットとして書籍に紹介されていました。

これはすごい。
image/2011-12-13T11:59:08-1.jpg
日帰り入浴はこの延命の湯私もよく利用しています。
書籍には
地球パワーを秘める断層温泉で夫婦の冷めかけた愛が復活。と書いてあります。
富士山龍脈と地球の気のW効果とも書いてあります。

ほほー なるほど
先日私の義理の母が膝の痛みに湯治を兼ねて訪れました。
初日から効果ありと私に語っていました。
確かに良く言われてはいましたが、本に載っていると裏づけと申しましょうか?なんだか信憑性を感じてきます。私は今日知ったのですが、この本はいつからでていたのでしょうか?
image/2011-12-13T11:55:33-1.jpg


開運とともに小淵沢のスパティオ小淵沢にお越しいただくのはどうでしょうか?
丸政の出来立て熱々の甲州カツサンドを予約することもできます。
パワーアップと癒しとグルメがあります。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 12:22| Comment(2) | 管理人日記

2011年12月12日

武田神社

image/2011-12-12T11:59:56-2.jpg
大正八年の神社創建だそうです。

ここ武田神社は戦国時代武田信玄公が、城を造らず、館(やかた)の形で住んでいたあるいは政治を行っていた場所です。
躑躅が崎館と言います。
その場所を武田神社としておまつりしています。
神社としても周りにお堀があり、やや高台であり、見晴らしも良く城の趣を感じます。
image/2011-12-12T11:59:56-1.jpg

横の宝物館300円には
孫子の旗 が多少ボロボロですが、残っています。
戦国の世に合戦中たなびいていたのでしょうか?


この躑躅ヶ崎館は1519年父信虎が石和館より移動してから勝頼が韮崎の新府城に移るまでの63年間甲斐の政治の中心でした。
ぜひ一度訪れていただきたい場所です。
甲府駅には丸政の駅弁もおかせていただいております。

おいしい中華ドットコム

駅弁の丸政オフィシャルサイト
posted by まるさん at 12:59| Comment(2) | 管理人日記